​代表者紹介

 

​香川愛生

代表取締役社長

日本将棋連盟女流棋士


1993年4月16日生。立命館大学文学部卒。9歳で将棋に出会い、3年後には「女流アマ名人戦」で最年少優勝しアマチュア女性の日本一に。中学3年生・15歳でプロデビュー。大学在学中にタイトル「女流王将」に初挑戦、初獲得し、翌年も防衛。受賞歴は最多対局賞、女流棋士賞など。著書は「職業、女流棋士」。女流棋士としてだけでなく、ゲームや映画などの趣味を活かした分野でも活躍しており、YouTuberとしても情報発信中。

 

​蛭田健司

​代表取締役

総務省 地域力創造アドバイザー

東京国際工科専門職大学 准教授

NPO法人国際ゲーム開発者協会日本 理事

セガでサクラ大戦シリーズ、コーエーテクモでは無双シリーズの開発に携わり、「真・三國無双Online」の技術責任者を経てカナダスタジオに出向。現地責任者として経営を担った。その後、ヤフーにてゲーム部門長、事業戦略室エグゼクティブプロデューサー、グループ会社の執行役員CTO、人材開発室長などを経験。上場企業である㈱エディア顧問、豊田通商グループ㈱ISAOアドバイザー、富山県新分野産業育成事業の総合戦略アドバイザー等を歴任。著書「ゲームクリエイターの仕事」はゲーム開発者推薦図書第一位を獲得。

 

インタビュー

香川愛生、蛭田健司
04.jpg
 

ご依頼、お問い合わせ

 

各種規定

©2020 AKALI Inc. All rights reserved.